結婚式などの二次会では、ビンゴ大会などのゲームが行われることが多くなっています。その時に盛り上がるのが、景品の内容です。ゲームの内容も大事ですが、豪華賞品やみんなが欲しいと思う景品が用意されていることで、その後の盛り上がり方が変わってきます。そのため、景品を選ぶときに大切なのは、みんなが喜ぶ景品を用意することです。見た目重視のものや、ちょっとエッチなものなど、ウケ狙いの景品ばかりでは、一時は盛り上がるかもしれませんが長続きはしませんし、不快な思いをする人もいるため、良い思い出となりません。新郎新婦の大切な場所である二次会は、二人のメンツにも関わってきます。招待された全ての人の素敵な思い出作りのお手伝いができるよう、二次会の景品はもらった人みんなが嬉しいと、喜ぶものを選ぶことが大切です。

招待客に合わせた二次会の景品選びが重要です

二次会の幹事を任された時に頭を悩ませるのが、景品選びです。公平性の確保や予算内での景品選びなど、さまざまなことを考える必要があります。景品選びで悩んでいる時は、招待客に合わせて景品を選ぶことが大切です。女性が多いのであれば、最新美容家電など女性が喜ぶ景品を、男性が多いのであれば実用的な最新家電を選ぶと良いでしょう。もし趣味の仲間が多いのであれば、その趣味の仲間が喜ぶ景品を選ぶと盛り上がります。年齢によっても景品は異なります。さまざまな年齢の方が参加しているなら、日常的に使える実用品を選ぶのが良いでしょう。もしどうしても景品を選べない時は、お肉などの高級グルメや有名テーマパークのペアチケット、ゲームやプレイヤーなどの最新家電、商品券といった定番の景品を選ぶのが良いでしょう。

目玉となる景品を選ぶことで二次会が盛り上がります

二次会の景品に掛けられる予算はそれぞれ違いますが、その中から目玉となる豪華景品を用意することをおすすめします。予算の中から大体同じような金額の景品を用意するよりも、予算の半分を占めるほどの豪華な景品を用意することで場の盛り上がり方が変わります。豪華目玉景品を1個用意し、予算の1/10程度の金額の景品を3個位用意し、残った金額で人数分に見合った景品を用意するといったメリハリをつけることが大切です。招待されている方が、既婚者が多いなら家庭向けの景品を、独身者が多いなら個人向けの景品を、男性と女性の割合も考えた上で景品を選ぶと良いでしょう。また、最近の傾向で多いのが、招待された方全てに何かしらの景品を用意するという形です。幸せのお裾分けとなるよう、手ぶらで帰る方がいないように配慮する心配りが大切です。