“結婚式の二次会などでもらう景品はその種類によって気持ちが大きく変わります。せっかく景品が当たるのであればぜひ欲しい物や利用価値が高い物をもらいたいものです。全くいらないものが当たったら、これだったら外れで良かった、持って帰るのがただ重く邪魔になるだけと思われてしまう可能性もあります。10代や20代のころは純粋にゲームを楽しみながらそのついでとして景品がもらえる、中身はあまり気にしないという方が多いです。しかし年齢が上がるにつれて生活に必要なものが欲しいと考える人が多いです。特に女性はそういったことをシビアに採点してきますので景品選びには注意が必要です。ワンランク上の景品がもらえて良かったとゲストに感じてもらえるような景品選びを心がけることが大切です。どういったものが喜ばれるかは事前にチェックします。

二次会でワンランク上の景品なら実用性があるもので

二次会で催すゲームなどでもらえるワンランク上の景品は、高級食材や実用性がある家電、生活雑貨がおすすめです。高級食材をそのまま持ち込むことが難しい場合は、ギフトがおすすめと言えます。食材専門のギフトブックなどもありますので、それを景品に加えれば自分で好きなものを好きなように選ぶことができ、気に入ったものが選べるとあって大人女子などにとても喜ばれる景品です。また、実用性がある折り畳み自転車や、家電などもおすすめと言えます。自分では買わないけれどただでもらえたら嬉しいものって結構ありそういったものが景品に入っていればぜひ欲しいと思いゲームも白熱するわけです。盛り上げ役の一つとして高価な逸品を加えておくというのもおすすめの戦法と言えます。種類が多くなくても良いものが混ざっていればゲストは意外と満足するものです。

二次会の景品なら年齢などによって金額などを変えよう

二次会と言ってもさまざまな年代の方がいらっしゃいます。老若男女問わず喜ばれる景品を探すのは至難の業です。二次会に来るゲストの年齢によって用意する景品を考えることがおすすめと言えます。10代から20代、30代から40代、50代以上とそれぞれ欲しいと感じるものは大きく違っていてそれを考えなければ二次会のゲストを心底笑わせて楽しませることはできません。まずは当日にくるゲストの内容をしっかりと把握して景品の準備を始めます。例えば10代から20代ならゲームやアミューズメントパークのチケットなどがおすすめですが、あまり高価なものよりは数がたくさん当たるほうが喜ばれたりします。逆にもっと年齢が高くなってくると数が多くなくても当たったら本当に嬉しいものが喜ばれるわけです。家電や商品券、おいしい食材などはうってつけの景品と言えます。”